banner

個人年金保険と確定拠出年金の違い

個人年金保険をするくらいならば、確定拠出年金をお勧めします。個人年金保険も確定拠出年金も、老後の資金を蓄えるという点では同じですが、その仕組みとメリットは大きく異なります。個人年金保険は生命保険が運用を担いますが、確定拠出年金の場合は自分で運用商品を選ぶことになります。安全に運用したいと思うのであれば、定期預金で運用することができますし、少しリスクを負ってでも収益を求めたいと思うのであれば、株式投資信託などで運用することもできます。個人年金保険にはない確定拠出年金のメリットは、まず、この運用商品の収益に係る税金がまったくかからないということです。今のような低金利や株式市場の低迷では、そのメリットの恩恵を実感することはあまりありませんが、景気が回復してきて、金利が上昇してくれば、定期預金で運用しているだけでも相当のメリットが享受できます。さらにもう一つ大きなメリットがあります。それは掛け金の全額が所得控除の対象になるということです。但し、これは、個人型の確定拠出年金に加入している人だけであるということに注意が必要です。企業で確定拠出年金に加入しているような場合にはこのようなメリットを享受することはできません。

Copyright©2018【保険でガンのリスクに備えよう】 All Rights reserved.