banner

30歳をこえて思う事。(生命保険)

若い時には思いもしなかった事ですが、最近よく保険について考える事があります。20代の時は本当に無縁とも思えた保険という言葉ですが、結婚して家庭を持つ様になった30代になった途端に、すごく身近なものになりました。自分の事よりも、家族の事を心配というか考える様になると、自分にもしもの事があったらと考えますよね。自分の心配というよりも、残された家族の心配がまず一番になります。そうなると一応入っている生命保険とかはどういう対応になっているのか、確かめたくなってくるんですよね。私の場合は、若い時に入った保険の内容があまり宜しく無く、最低のランクの保険しか入っていませんでした。よく覚えていませんでしたが、恐らく保険料を支払うのが嫌だったんだと思います。入っておけば安心する程度ぐらいの気持ちだったんだと、今考えると危うい事をしていたと実感しました。保険屋さんとも沢山相談して、今の我が家の経済状況から払える金額で、手厚いプランを考えてもらい、生命保険を入り直しました。漸くというか早めに気付いて良かったとは思っています。何も無い事が一番いい事なんですが、人生何があるかわからないですから、リスクヘッジはちゃんとしておきたいなとは思っています。

Copyright©2018【保険でガンのリスクに備えよう】 All Rights reserved.